明日はブログ書こうと思い続けて1年経とうとしているよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あー仕事やめたい。

働きたくない。

早起きが嫌いすぎて毎朝体調悪い。

でもいつかフリーでグラフィックデザインの仕事するんだ。そのための修行なんだって思いながら働いてきた。

まー、だとしても辛いもんは辛いんだ。

心にも経済的にも余裕が欲しい。

会社で腹立つことがあったとき、

「会社なんていつでも辞められる。辞めても生きていける。大丈夫。」

って思いたい。

…なんか今すぐ家でできる副業ないかな。

そう思ってたどり着いたのがブログ。

いやいや稼ぎたいからブログって…

稼げるようになるまでめちゃくちゃ時間かかるし、もっと効率が良い働き方あるよって、感じではあるんだけど…

ただ「お金のため」だけにはなりたくなかった。

自分が楽しいと思えなかったら絶対続かない。

それに

自分の経験が誰かのためになったり、自分の考え方に誰かが共感してくれたら、嬉しくない?

好きなこと書いてればお金は後から付いてくるに違いない。

そんなこんなで、私はすごくワクワクした気持ちでブログ開設を決意したのだ。

それから約1年後…

あれ、書けない。

2018年8月にブログ書くことを決意して、はてなブログを始めて…3記事くらい書いて…消して…ワードブログでブログを始めて…3記事書いて…

そこからずっと更新が止まっていた。

しかしブログのことは1日たりとも忘れたことはなかった。

毎日「明日は書こう」と思っていた。

書きたいことはたくさんあるはずなんだ。

ただなんかめんどくさい。体が動かない。

そうだ、自分が極度の面倒くさがりということを忘れていた。

というか、書こう書こう思ってたら義務感出てやる気なくなった。

そもそも文章書くの嫌いだったわ。

夏休みの宿題で読書感想文が1番嫌いだったもん。

…結論、絶対ブログ向いてないじゃん。

気づくの遅い。

しかし私はまだ諦めていない。

まだわずかだが書きたい気持ちはある。

もう書き方を変えよう。頭に浮かんだことを勢いで書こう。

人に読ませる とか 誰かのために とか考えるのは一旦やめよう。

そもそも私はまだそんな段階にいないんだ。

続けよう。続けなければならない。

思い返せば飽き性の私は何かを継続させたことがほとんどなかった。

1つくらいは続けてみよう。

そう思って今この記事を書いてみた。

書けるじゃん!

まずは1ヶ月に3記事目標で。(少な)

コメント